Home > Z会通信 on web > ~とらべるZTON~ その1「しぐれ」 +あるふぁ

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カウンター

プロフィール

HN:
ぜっとんくん
年齢:
13
性別:
非公開
誕生日:
2006/11/15
職業:
マスコットキャラクター
趣味:
お芝居

カテゴリー

最新TB

ブログ内検索

バーコード

アクセス解析

~とらべるZTON~ その1「しぐれ」 +あるふぁ

はろー!
門石藤矢です!

気がつけば、もう8月。
早いですねぇ。熱いですねぇ。とろけそうです。
もう毎回、文節の最後に(汗だく)って付けてもいいかなぁ…。ダメですよね。



さてさて!
今回からちょろっとスタートしましたよ。その名も『とらべるZTON』。

まぁ要するに、今までのZTONの作品を見て、門石藤矢が感想書くよ!
というものでして。

ちょうど今の時期、
全国の真面目な小・中・高校生は読書感想文とか書いてるんじゃ!!
とかって思うと…

なんだか、あのころに戻れそうな気がしています。
帰ろう、現実に。



じゃあ本題!
今回見たのは…

劇団ZTON vol.2 『しぐれ』

です!
これはですね、旗揚げ公演の「鶍-ISUKA-」を経ての、vol.2 なんです。
ちなみに!  これも和装シェイクスピアだそうですよー!

(ページ上部の《HISTORY》にも書いてあるので、また読んでみてくださいね。)


ってことで、じゃん。






え?どこで入手したかって?


ふっふっふ…
7つの宝石を集めてベルトにはめた後、神龍を呼び出し、ドラ○もんを出してもらって
ありとあらゆる秘密道具を使って映像化したに決まってるじゃないですか。

はい、嘘です。ごめんなさい。。
ホントは、河瀬さんにちょこっとお借りしました…笑



まず、ザックリあらすじ。

物語の舞台は、邪馬台国。弥生時代です!
へへん。ちゃんとネットで調べたので間違えてませんよ? 馬鹿って言ったの誰だっ!


そこに、【シグレ】 という男が居るんですね。主人公です。
しぐれは、邪馬台国と、狗奴国(くなこく)の国境で見張り番をしている兵士。
性格は、昔の漫画の主人公タイプ。俗に言う厨二病…クールガイです。

そこで、【イヨ】と出会う。ヒロインですね。
この人も兵士なのかと思いきや…実は邪馬台国の女王さまだったりします。
性格は、天真爛漫でとっても元気な人です。


狗奴国との戦いで傷つき、死にかけたシグレを、
イヨは助け、自分のもとで働くよう言います。

このとき、シグレには「戦って死ぬ」という願いがあったが、
その選択を取らず、イヨの元へ行くことを決める。


こうして、物語が展開していくのですが…


実はこの【シグレ】。若き日の為房さんが演じておられます!!
もう若い!お若いです! フレッシュネスな為房さん。

けれども、動きとか喋り方とかがやっぱり為房さんなんですね。
なんだか、ほんわかした気持ちになりました。


それからさらに付け加えると、
狗奴国の王に【ナガスネ】という人がいるのですが、
この人、実は若き日の土肥さんが演じてらっしゃいました…!

もう本当にお若かったんです!
最初見たときは、暗い舞台だったので誰かは解らなかったのですが…
解った瞬間、うおおおおおおおお!って叫んじゃいましたもん!!


そのほかにも発見がたくさんあって!
クレジットなんかを見るとですね、

舞台には、レストランさんがッ!
制作には、ステラさんがッ!!
音響には、河瀬さんまで!!

クレジット見てこんなに騒いだのは、生まれて初めてでした。

そのほかにも、僕が存じ上げない団員の方がいらっしゃって…!
なんだかもう、言葉にできない気持ちでいっぱいです。語彙力の無さ…くう。。



感想ですが、個人的なお話の見どころは、
人間の「悲しさ」がいろんな形で表現されている点だと思いました。

シグレの「死にたい」という願いに深く関係している、母親のツミの存在。
正しいと思ってやった行動が、人を。己を。傷つけてしまうことになる、イヨ。

特に、シグレの少年時代。フラッシュバックのように出てきては
母親に虐待される日々。愛してもらえない日々の描写がもう…

何度も泣きそうになりました。というか、泣きました…!
母親のツミもね、また不憫な人でね…。


全体的には、わりとダークな印象だったように感じます。


ちなみにちなみに!

実は、この『しぐれ』でも、
音楽に合わせて動く“アクト”や、殺陣もやってたんですよ!

最近のもの( 天狼ノ星・月に叢雲花に風 など )と比較すると、
殺陣がほぼ一撃決殺だったり、アクトが《アクション》よりも《舞踊》っぽかったり!

この辺も、リアルさ・ダークさ を出すためなのかなぁ…と
当時の稽古場の様子とか、妄想しちゃいました。



「人は、泣きながら生まれてくる。この世が辛いから。仮初だから。
 いつか、終わりが来るから。だけど…確かに僕はココで、もう一度生まれたんだ。」


劇中で、一番心に響いたセリフです。
調べたところ、シェークスピアの『リア王』がモチーフなのだと思われます。たぶん。
…今度、ちゃんと読んでみよう。『リア王』



というわけで!
あっちゃこっちゃ書きましたが!

いろいろな方面で、とても良い刺激を与えてくれた作品でした!
若き日の皆様! 有難うございました!



それからそれから、もう一つ。
実は Twitter、はじめたんです!
もう僕がやる時点で、くだらないことばかり呟くこと必至なのですが。笑
いろんな人と楽しく関われればなー、と妄想してます…!
もちろん!
こちらの方でもね、僕の担当するブログ記事の更新情報や、
最近話題の【ZTON-TV-】の情報なんかもお伝えしますよ!
もしよかったら
気軽にフォローして、絡んでやってください。
くだらないことを共につぶやきましょー!!
アカウントはコチラ!  → @kd_to8
ではでは、失礼しましたっ!

拍手[2回]

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード