Home > 新人公演03「月黄泉ノ唄」 > 読んだ小説 (レストランまさひろ)

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カウンター

プロフィール

HN:
ぜっとんくん
年齢:
13
性別:
非公開
誕生日:
2006/11/15
職業:
マスコットキャラクター
趣味:
お芝居

カテゴリー

最新TB

ブログ内検索

バーコード

アクセス解析

読んだ小説 (レストランまさひろ)

月がキレイですね。
レストランまさひろです。

夏目漱石のセンスには脱帽です。

今これ言われても、
ほんとだチョーキレイ。
スマホで写真撮ろうとか言う気がします。
僕なら言います。

そんなこんなで
僕はどちらかと言うと芥川龍之介が好きです。

特に『枯野抄』が好きです。

松尾芭蕉とか、詳しく知りませんけど、
枯野抄は芭蕉の弟子たちが
師の最期を看とる際、それぞれが色々な気持ちを抱く様を書いています。

読んでると、
あれ?
これって、実は仏陀と弟子で書きたかったんじゃね?

と、思ったりします。

仏陀と弟子でこの話しやったら全国の僧侶が僧兵と化し、自宅に攻めてきそうですが、スゴい見たいとも思います。

結構、この作家の作品性が表れている話しなので、良かったら読んでみてください。

鎌倉の文学館を歩く機会があったので、思い出しました。

ちなみに暗い話しなので、読み終わったら、バックスバーニーとかトムとジェリー見て元気になった方がよいと思います。

今鎌倉は一番良い時期ですね。
ではまた。



拍手[3回]

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード