Home > 10th 「覇道ナクシテ、泰平ヲミル【護王司馬懿編】」 > 【上級者のための】覇道ナクシテ、泰平ヲミル【中国大陸編】(河瀬仁誌)

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カウンター

プロフィール

HN:
ぜっとんくん
年齢:
13
性別:
非公開
誕生日:
2006/11/15
職業:
マスコットキャラクター
趣味:
お芝居

カテゴリー

最新TB

ブログ内検索

バーコード

アクセス解析

【上級者のための】覇道ナクシテ、泰平ヲミル【中国大陸編】(河瀬仁誌)

2017年1月27日(金)〜29日(日)
「覇道ナクシテ、泰平ヲミル【護王司馬懿編】」
がABCホールにて上演いたします。



「覇道ナクシテ、泰平ヲミル」は
三国志を題材にしたエンターテイメント作品でして、
2014年に初演を、
2015年に再演と続編の2本立てで、
2016年に初演を東京にて
【護王司馬懿編】はシリーズ3作目にあたります。
そして、完結編です。


このシリーズも最終回、上級編です。
「覇道ナクシテ、泰平ヲミル」の台詞を1つ抜粋して参ります。


【護王司馬懿編】本編の劉琦の台詞にて
この世界は5つの要素によって成り立っている。
その5つの要素を統括するものが龍と呼ばれている。
木の龍、風龍。火の龍、炎龍。土の龍、土龍。金の龍、黄龍。水の龍、水龍。
この5匹の龍はいつの時代も、この大陸の覇権をかけて争ってきた。
自分の王朝を作るため、自分の王朝を守るため、他の龍の王朝を壊すため。
これまでこの大陸のすべての王朝にこの5龍のいずれかが関わっている。



そう、この「覇道泰平」三国志要素だけでなく、
「龍」というファンタジー要素が含まれています。


この龍設定は、中国大陸の各時代王朝についていたということになります。
このあたりは「覇道泰平【偽蝕劉曹編】」のパンフレットに載っています。

すなわち、この「覇道泰平」中国大陸の歴史に精通していると
尚も面白いということです!!


ていうか、この龍設定を使えば中国のどこの時代もできてしまうという罠!!
「覇道泰平」は完結編じゃないのか!?
そんなクレームが聞こえてきそう。


いやいや、上演する予定は全くないですよ。
でも考えるのは自由だから…!!


例えば…
殷周革命をモチーフにすれば、
「覇道ナクシテ、泰平ヲミル【封神演義編】」
風龍と黄龍の戦いですね。
そうそう、風龍のモデルは太公望なんです。ちゃんと風使いでしょ。
周王朝滅亡の件は真王孫権編でもちらっと出てきます。


始皇帝をモチーフにすれば、
「覇道ナクシテ、泰平ヲミル【キン●ダム編】
土龍の成り上がりの話ですね。某始皇帝漫画のアレから拝借。
始皇帝の件は偽蝕劉曹編でも出てきてます。
髪の毛はふさふさらしいです、始皇帝。



項羽と劉邦をモチーフにすれば、
「覇道ナクシテ、泰平ヲミル【項羽と劉邦編】」
炎龍が土龍ぶっ倒して行く話ですね。某司馬先生の書籍から拝借。
項羽は龍がついているんでしょうかね…。
劉邦の名前は覇道本編でもたくさん出てきてますよね。



湯王の話は地味だからいいや、黄龍ごめんね。
夏王の話はさすがに知らない事が多過ぎるわ、ごめんね水龍。





まぁ、こんなこと考える前に三国志に区切りを付けましょう。
まさかこんなシリーズになると思っていなかった「覇道泰平」
すべて、みなさまのおかげです。

劇場でお待ちしております!!



拍手[7回]

コメント

コメントを受けつけておりません。