Home > 10th 「覇道ナクシテ、泰平ヲミル【護王司馬懿編】」 > 「覇道ナクシテ、泰平ヲミル」(河瀬仁誌)

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カウンター

プロフィール

HN:
ぜっとんくん
年齢:
13
性別:
非公開
誕生日:
2006/11/15
職業:
マスコットキャラクター
趣味:
お芝居

カテゴリー

最新TB

ブログ内検索

バーコード

アクセス解析

「覇道ナクシテ、泰平ヲミル」(河瀬仁誌)

さて、いよいよ。
「覇道ナクシテ、泰平ヲミル【護王司馬懿編】」です。


僕は初演の「覇道泰平【蝕王編】・【偽王編】」を終えた時に、
お客様から「風龍の活躍はないのか?」「孫呉はどこいったんだ?」
とお話していて、「続編を作る気はありません!!」
声を大きく応えたのを覚えております。

「覇道泰平」のコンセプトが異なる2つの視点からの物語。
劉備の悪さを「見せて話を進める【偽王編】」「見せずに話を進める【蝕王編】」
というもので、終わった直後は特に続編を作れる余地がなかったんですよね。


でも、1年半後には、【偽王編】・【蝕王編】を一本にした【偽蝕王編】
とその後の話を描いた【真王編】を上演することになったんですね。



この上演に踏み切ったのは、お客様の声と、
為房が演じた劉備の悪辣さ。
劉備と言えば「ぼぉっちゃぁん!!」

とか「嘘だよぉ、ばぁか!!」

小さい母音が伸びるイメージ。天下一品でいうとこの
"こってりにんにく入り"な感じになってますけど、
脚本の段階では、というか僕の初期イメージはリチャードⅢ世ですからね。
もっとネクラで、陰湿な、劣等感の男ですからね。
全然ちがーう、全然ちがーう。

…でもいいんです。


それが、人と芝居を作るってことですから。
自分の創造力を超えてもらう。創作の中で一番楽しい行程です。



そんな劉備の悪辣さを見たくて続編【真王編】は生まれました。
それに僕は三国志では「呉」が一番好きですから。

そして、【真王編】で、劉備・曹操・孫権の三つ巴になり。
これでおしまいと思っていたんですよ。


そしたら、悪い奴が、
「俺、まだ国作ってない、
 三国志になってない、
 俺、まだ死んでない」
とか言うんですよ。
確かに劉備が歴史上、国を作る前で【真王編】は終わってます。
曹操、劉備、孫権が国を作ってからを本来、三国志と言うんですね。
でも、「覇道泰平」の劉備とか、国作るの一瞬じゃん、カタルシスないじゃん。
(本来の歴史はめっちゃ苦労した)
って返したら、
「まだ、司馬懿も出てない」とか言うんです。
あたしゃいいましたよ。「続編を作る気はありません!!」と。



そして、クラウドファンディング。
みなさまにすべてが託されたのです。


クラウドファンディングが100%を超えた瞬間は、
東京で「覇道泰平」の稽古をしていた時で、
劉備役の為房・曹操役の出田・孫権役のすてらがハイタッチをしていて、
僕はなんだか龍に踊らされている気分になりましたよ。


割と冷静に作品を作ってるつもりなんですが、
覇道の曲を聞いては【護王編】のシーンを想像して
勝手にグッと来ている自分もいて、
スタッフさんに「落ち着け、詰め込み過ぎだ。」と気づかされ
覇道落ちを回避したり、試行錯誤を続けながら作品を作ってます。



井上ひさし先生の言葉を反芻しつつ…
「むずかしいことをやさしく、
やさしいことをふかく、
ふかいことをおもしろく、
おもしろいことをまじめに、
まじめなことをゆかいに、
そしてゆかいなことはあくまでゆかいに」



劇団ZTON 10th Anniversary
「覇道ナクシテ、泰平ヲミル【護王司馬懿編】」
いよいよ、来週1月27日(金)からです!!





拍手[7回]

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード