Home > 記事一覧

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
2 3
5 6 7 8 9 10
13 15 16
20 22 24 25
26 27 28 29 30 31

カウンター

プロフィール

HN:
ぜっとんくん
年齢:
10
性別:
非公開
誕生日:
2006/11/15
職業:
マスコットキャラクター
趣味:
お芝居

カテゴリー

最新CM

[01/07 為房]
[01/06 為房]
[01/01 玉の血脈]
[08/12 為房]
[08/07 玉の血脈]

最新TB

ブログ内検索

バーコード

アクセス解析

前進全霊!(出田英人)

少々遅ればせながら、劇団ZTON10thanniversary『覇道ナクシテ、泰平ヲミル~護王司馬懿編~』にご出資、御来場くださった皆様、本当にありがとうございます!!


”仲良くできる気がする”孫権とパシャリ。

曹操って奴は3年前、劇団ZTONに入団して初めて頂いた主役級の役でして、まだ若手だった当時の僕は嬉しさやら責任感やらで胸が一杯であったことを今でも覚えています。

この曹操という役、僕を大いに成長させてくれた役であることはもちろんなのですが、やっててなんだかしんどい役と言うのも僕に取っては一つの側面で、覇道の再演やら続編やらの話が上がる度に「えー、別の作品にしましょうよ!」と一番騒いでいたのが僕であったりします。

しかし今回の完結編、ホントのホントにやれて良かったと心の底から想うことが出来ました。役者としてまだまだ課題が沢山ある僕ですが、やっと彼の背中が見えてきたのかななどと少し自惚れてみようかと思います。

こんなに幸せな気持ちで舞台に立てるのは1重に皆様のお陰だなと再認識出来た公演でした。重ね重ねありがとうございます。

さてさて柄になく長文になってしまいましたが、覇道の余韻に浸るまもなく、昨日の神戸電子専門学校さんの進級公演へのゲスト出演、そして再来週の三國学園製作委員会さんの『暁!三國学園』と激動の2月となります。

今年も全力で、でも着実に1歩ずつ前進して行きたいと思います。これからも出田を、そして劇団ZTONを応援して頂ければ幸いです。

拍手[8回]

曹操…これが人か。(前田郁恵)

みなさん、こんにちは。
前田郁恵です。

ようやく。
ようやく!!
「覇道ナクシテ、泰平ヲミル」完結編が上演されました。
【護王司馬懿編】ご覧いただけたでしょうか。

終演して一週間経ちますが、嘘のよう。
まだ曹操や劉備、孫権たちに会える気がしてます。


といっても、私は水龍だから夏侯の一族にしか見えないんですけど。笑









Twitterを中心に、ブログとか、アンケートとか、感想たくさん拝見してます。
私たちが伝えたかったことももちろんそうだし、
隠れてやってた「オフ芝居」の部分だったり
顔や声、感情に込めてた部分だったり
時には私たちの考え以上のことを、
たくさん想像してくださっているようで本当に感無量です。すごい。
言葉が足りないくらい感動してます。


それくらい、愛された作品だったんだなあと思います。
そしてそんな作品にシリーズ通して関わることができてすごく嬉しいです。
私も「覇道」を愛してるんだなあと実感してます。





…観てくださった方に聞きたいのですが、
曹操と荀彧は恋愛関係に見えたのでしょうか?笑

もちろん受け取り方に正解はないし、
私たちが前作から演じて作っているうえで変化していってることもたくさんあると思うのですが。
単純に私たちの関係はどう見えて、どう終わっていったんだろう?と疑問なのでした。
もしよければ、Twitterなりなんなりで教えてください。
今いろんな人の意見が聞きたい!!


次に向けての動きもありますが、
覇道はここにて完結!!です!!!!


本当に本当に本当に
ここまでありがとうございました!!!!


ひとまず、劇団ブログではこのへんで。


愛する魏軍(と、認めてやるよ!!笑)

拍手[9回]

こたつより愛をこめて(図書菅)

こたつ入ったら、離れられないですね。
このまま僕を導いておくれ。

意味不明ですね、図書菅です。

一週間前の今くらいには、ちょうど護王司馬懿編の1stを上演してたくらい。けっこう、終わってからの時間の流れがゆったり感じます。



初演から長い間、戦ってきた得物たち。

途中でマイナーチェンジしたりしたけど、こうやって並べると、なかなか壮観。
終演して次の日に、為房さんと一緒に仲良く並べて遊んでました。

…劉備が並べてる絵面を想像すると、なんか盗品めいてきますね。



アクトで龍の方々が使っている扇。もふもふ。
五行の並びにして、1人悦に入ってました。

そんな風にニヤニヤできているのも、クラウドファンディングにご投資くださった皆様、ご来場いただきました皆様、そして座組のみんながいたからこそ。
本当にありがとうございます。

次は15周年!

拍手[5回]

三国から三國へ(為房大輔)

2月に入りました!
どうも、為房です。

劇団ZTON
『覇道ナクシテ、泰平ヲミル【護王司馬懿編】』

無事終演いたしました。
そして、2014年からはじまったZTON流三国志。覇道シリーズがその幕を閉じました。

ZTON初のシリーズ物。これからシリーズなんてやるかどうかもわかりませんが、3年間やり続けてこれたのは、間違いなく観に来てくださるお客様、そして共に構築してくださった関係者の皆様のおかげです。
特に今回はクラウドファンディングにより、実施か否かを決める公演でした。
本当の意味でお客様が作り上げたステージでした。
改めて…

ありがとうございます!!!



劉備玄徳として生きた3年間。
2014年から2017年まで、毎年1回は彼になりました(笑)
己以外何も信じず、常に自らの欲を満たすことを考え、そのためならば何をすることも厭わない。
彼が最初から最後まで求めた、持てる者ってのは一体なんだったんでしょうか?
何度も何度も、何かを持つ者にはなっていたはずなのに…飽くなき欲望を持つ彼は、人の理も五行の理もぶちこわす、まさに乱世だったのだと思います。
そしてそんな彼の最期が、あの結末だったこと。
なんとも皮肉なものです。
ただ僕はついつい妄想してしまいます。

自分の継承者を嵌め落とし、すぐに受肉しようとする彼のことを。

これは完全に妄想ですが、そんなお話もありそうですね(^^)

本当にこの作品を、このシリーズを、劉備玄徳を愛してくださり、ありがとうございました!!!

そしてそして、
舞台は三国から三國へ(笑)

『暁!三國学園』

2月17日から19日まで、大阪の芸術創造館さんで行わせていただくこの公演に出演いたします。
劇団ZTONからは、僕と高瀬川すてらが出演。

ZTONにより2015年に誕生したあの問題作が、暁!三國学園製作委員会さんの手によって再び復活いたします。

掃除部、推して参る!!!






※初演の映像


為房大輔

拍手[8回]

呉王だけど、護王でもあるんだな(高瀬川すてら)

ついに、「覇道ナクシテ、泰平ヲミル【護王司馬懿編】」の最終ステージが開場しました!

いま、まさに。

最後の乱世が幕を開けますね。

私は今回孫権を演じさせてもらって、
この作品にかかわった今までの共演者さんやスタッフさん、すべての思いを紡げれば…と思っていました。

剣の鞘は、孫堅パパのもの。
アクトの武器は孫策兄さんのもの。
使ってる武器は育ての親、董卓のもの。
新たに増えた腰布は風龍のもの。

この孫権を作り上げるために、たくさんの人の思いがあったんだなと
自分を包んでくれる、持っているものたちからもしっかり感じております。

そして、役は違えど、
最後の最後まで見守ってくれる存在がいて。


新しく私を支えてくれる、顔の似てる周瑜がいて。


素直すぎる陸遜がいて


そして、因縁はあっても離れることはない風龍がいて


私は呉の王だけど、護りたいものが私にもあります。
昨日もご挨拶させていただいたけど、
やっぱりZTONを護りたいし、
ZTONとともに戦ってくれる仲間を護りたいし、
ZTONを楽しみにしてくれるお客様の期待を護りたい。

見届けてくださいね。
舞台上にて、お待ちしております。


高瀬川すてら

拍手[8回]